あわ

「あわ」は1991年11月に発売された2ndアルバム「名前を付けてやる」に収録されました。

作詞・作曲:草野正宗、編曲:スピッツ

こっそりみんな聞いちゃったよ

本当はさかさまだってさ

小さな大きなまなざしは

空に抜けていった

すぐにショーユのシミも落ちたよ ほら

びっくり大笑い

今日もこんなひょろひょろの風の中

ぼんやりしてようかなあ

この曲のタイトル「あわ」ですが、「ショーユのシミも落ちた」「ぼんやりしてようかなあ」から、”心の洗濯”と読めそうです。心の洗濯とは、心の安らぎを得ること、心休まる感じになることです。

なぜ、心の洗濯をしているか。

「こっそりみんな聞いちゃったよ 本当はさかさまだってさ 小さな大きなまなざしは空に抜けていった」

スピッツの歴史を考えると、「さかさま」だったのは、当初の演奏スタイルです。独自性を出そうと工夫はしていたようですが、あるライブハウスのオーナーに”「ブルーハーツみたいなビートパンク系の音楽をやっていても、この先、未来はないんじゃない?」"とライブ後にはっきり言われてしまいます。*1越えられないのならば逆をやらなくてはいけなかったのです。「小さな大きなまなざし」とはライブ中の観客の視線でしょうか。それが自分たちではなく、空に抜けていってしまったように感じました。

鈴虫を飼う」で読んだように、スピッツ結成前にやはりブルーハーツに衝撃を受け音楽活動を一時中断してしまった時とは違い、この時は逆に”ファイトも沸いた”*2とのことで、少し心の洗濯をしたら「すぐにショーユのシミも落ちた」、それで「びっくり 大笑い」です。

それでもやはりショックは大きかったようで、「今日も」「ひょろひょろの風の中」「ぼんやりしてようかなあ」とまだ少しの回復が必要なようですね。

ちなみに、「ショーユ」とは落ちにくい黒いシミ(シミとは心のシミを表しているのでしょう)でもありますが、”show you”これまで観客に見せていたもので出来たシミとも読めると感じたのですが、いかがでしょうか。

あわになって溶け出した

雨の朝

心にシミとなって留まっていたものがあわになって溶け出した。「雨の朝」とあるので心の雨(=涙)を流したのかもしれませんね。

寒いな畳のにおい

優しい人やっぱりやだな

しっかりなんてできないけど

僕はここにいた

でっかいお尻が大好きだ

ゆっくり歩こうよ

わざとがっかりしたふり かごの中

誰も見ちゃいないさ

「寒い」とは、むなしくて寂しい気持ちになること、「畳のにおい」とあるのでそんな気持ちを抱えてぼんやりと寝転んでいるのでしょうか。先ほどの「雨の朝」はやはり涙を流した朝と読んで良いかもしれません。

そして、ぼんやり考えているうちに「優しい人やっぱりやだな しっかりなんてできないけど 僕はここにいた」と新しい思考が湧いてきます。

「優しい人」とは、本当のことを言ってくれない、”表面上優しい人”ということでしょうか。ライブハウスのオーナーにきついことを言われ落ち込みましたが、彼が本当のことを言ってくれなかったらこのまま気がつかず「さかさま」のままだったかもしれません。

すぐにちゃんとなんてできないけれど、けれども変わらず「僕はここにいる」そのことに気がつきます。

「でっかいお尻が大好きだ ゆっくり歩こうよ」尻が重いということは、身軽に立ち働けないということ。そうですか、とすぐに器用に変えることは出来ないけれど「ゆっくり」やっていこう、自分のペースで変化していこう、と考えます。

「わざとがっかりしたふり かごの中 誰も見ちゃいないさ」そして、わざとがっかりしたふりをしていよう、洗濯かごの中にいれば鬼も見てはいないし。ここは、”鬼の居ぬ間に洗濯”からとったのでしょうが、”他を出し抜いてやろう”という気持ちが見えます。それは続く歌詞からも読み取れます。

機関銃を持ち出して

飛行船を追いかけた

雨の朝

あわになって溶け出した

雨の朝 

 「機関銃を持ち出して 飛行船を追いかけた」洋ロック好きの方なら、これは「レッド・ツェッペリン」のことだなとすぐにピンとくるのではないでしょうか。

結成前に「もしも俺たちが今いるバンドを辞めたら、きっと向こうは鉛の気球(lead balloon)みたいに急降下するだろうぜ」というメンバーの発言から、マネージャーが”lead "を読み間違えないために"led"に、"balloon"を事故を起こして爆発した飛行船の名前”zeppeln”に変えて”led zeppelin”というバンド名が誕生したというものです。*3この話からも、俺たちが新しい音楽で続けることで他を落としてやる、という気持ちがうかがえます。

追記:ここにツェッペリンの名前の由来を暗示する表現が出てくることで、これはバンドについて歌ったものだとわかるようになっていると思います。これがマサムネさん流の歌詞についての答えの見せ方だと私は思っていまして、とても練られていると思います。

 

鈴虫を飼う」の頃から考えると、マサムネさん自身ずいぶんと成長されていました。

この後、アコギを持つスタイルでメロディアスな方向へ変化させ、音楽性を広げ、日本語の歌詞にこだわり、メロディも洋楽志向にこだわることを辞めます。

そして最初に出来たのが、このアルバムの次の曲「恋のうた」です。*4

 

「あわ」「恋のうた」がこのアルバムにおいて続きで収録されたことには大きな意味がありました。

スピッツの大きな転機となる曲「恋のうた」が出来るに至るまでのストーリーが歌われた大切な一曲でした。

*1:『旅の途中』60~61頁 2007年 幻冬舎

*2:注1に同じ

*3:wiikipedia

*4:注1に同じ