海とピンク

「海とピンク」は1991年3月に発売された1stアルバム「スピッツ」に収録されました。

作詞・作曲:草野正宗、編曲:スピッツ

ほらピンクのまんまる 空いっぱい広がる

キラキラが隠されてた

繰り返し遊んだら すぐそばで笑ってた

毒入りのケーキのカケラ

「ピンクのまんまる」が広がるのは「空いっぱい」、そして「繰り返し遊んだら」とあるので、ここは「空想の世界で遊ぶ」ということかなと想像しました。

空想の世界でピンクのまんまるとその中のキラキラのことばかり思い描いて遊んでいたら、「毒入りのケーキのカケラ」が「すぐそばで笑ってた」こちらはどうやら現実の世界のようです。

「ケーキのように甘いが、食べたらひどい目に会うものがすぐそばに」となんだか物騒な表現ですが先を読んで行こうと思います。

しんしんと花びらも

指先で冷たくふるえてる

小さな玉砂利が

足の裏くすぐる海岸で

ちょっと君を見て 海を見て

あくびして

ここの部分は二つの意味が重ねてありますね。

まず表の意味。

「しんしんと冷たい花びら」とは雪の結晶のことです。どうやら冬の寒い海岸にいるようです。

「玉砂利の海岸」とは新潟県のとても美しい海岸「笹川流れ」マサムネさんはここからこの曲を思いついたのだそうです。玉砂利はふつうの砂利よりも細かいもので、しかし砂ではないので、海の色がとても美しく保てるのだそう。

それから裏の意味。

先ほど「ピンクのまんまる」(まん〇)と意味深な言葉が出てきまして、加えて、「花びら」「玉砂利」とありますので、これらは全て、女性器のことを指しているのでしょう。

そんなもので頭がいっぱいになりながら、「君を見て 海を見て」「あくびして」と、あたかも冷静であるようにごまかしているような愉快な表現です。

プラスチックでがっかり 言葉だけ無邪気になる

ほらまた だまされてた

いらないものばっかり 大事なものばっかり

持ち上げてキョロキョロして

「ほらまた だまされてた」側にいて笑ってくれていたので、もしかしてもういいのかな?と思ったら「プラスチック」だったので、がっかりしたようです。

「プラスチック」はいろいろに想像できますが、私は「ケーキのように甘く柔らかいのかと思っていたら、プラスチックのように固く無機質だった」ととらえました。

何もしなくてももう行けると思ったのに、相手はきっとそうじゃなかったんですね。

もともと「毒入り」と言っていますので、「ほらまた」と予想はしていたけどさ、というのがおかしいですよね。そんなことがこれまでも何度かあったのでしょうか。

「言葉だけ無邪気になる」勘違いしていた恥ずかしい気持ちを、早口であれこれ子供のようにしゃべってごまかしているような可愛い歌詞で、ここが私は大好きです。

そして、「いらないもの」も「大事なもの」も持ち上げて「キョロキョロして」、自分の心や頭の中に持っている全てのものを集めて抱えて、どうしようか思案しているようです。

「ばっかり」は「がっかり」と韻を踏んだ言葉遊びのようなものでしょう。

とんがったゴミの中

かたくなる身体をよせ合って

がんばって嘘つきで

それでいてまじめな告白に

ちょっと君を見て 海を見て

あくびして 

「かたくなる」のは、緊張しているのと、それから、先ほど見たように雪が降っていて寒いのもあるのでしょう、それで身を寄せ合っています(男性的にかたくなるのはここでは意味が取れないので外します)。

自分の心や頭の中に持っているものを「とんがったゴミ」と言っていますので、これは感情や思考のゴミのことでしょうか。自分の持っているもの全てを集めたのですが、どれも「とんがっていてゴミのよう」というのです。面白いです。

それでも、「がんばって嘘つきで」「それでいて真面目な告白に」はったりや、大げさな表現を混ぜながらも、自分の正直な精一杯の思いを懸命に伝えることにしたようです。

空想の思い込みの世界から、一歩前進ですね。

先ほどはごまかしの「あくび」でしたが、こちらの「あくび」は照れ隠しでしょうか、加えて、結果への緊張もあるのでしょうか。

 

女の子のことばかり考えていたら隣で笑ってくれている可愛い子が現れたので、空想の世界と同じなのかなと思ったらとんでもなくて、さてどうしようと思案した挙句、自分の持てる力の全てを使って精一杯の告白をすることにした。

 

誠実に気持ちを伝えてもらって、女の子はきっと受け入れてくれるように私は思いますが、どうでしょうね。上手くいくといいな。

 

「海とピンク」は、独りよがりの空想の世界から、現実の女性とのかかわりに進んでいく、若い男性の懸命な頑張りと成長が可愛らしい、本人としては一大事だけれど、はたから見たらほのぼのとした世界を歌った曲でした。

 

追記:それにしても毒入りのケーキってどれだけ酷い目にあったんでしょう。もしかしたらニノウデの世界からの続きかな。