黒い翼

 「黒い翼」は1993年9月に発売された4thアルバム「Crispy!」に収録されました。

作詞・作曲:草野正宗、編曲:笹路正徳スピッツ

黒い翼で もっと気高く

無限の空へ 落ちてゆけ

「黒い翼」と聞いてまず想像するのは「背徳者」「反逆者」でしょうか。

「空へ落ちる」という表現が面白く、漢字さえ「堕ちる」ではないにせよ、上空へ向かうのに落ちるとは、少し不思議な感じ、まっとうではない状態を表しているような気がします。

嵐の午後に ゴミ捨て場で目覚めたら

焦げた市街地をさまよう僕にさよなら

重いドアを 無理矢理あけたなら

この部分を私なりに想像しますと、「嵐」「ゴミ捨て場」「焦げた」「ドア」は全て心の状態の比喩です。少し言葉を加えて文章にするとこんな感じでしょうか。

「心は嵐のように大荒れで、そのせいで遅くまでだらだらとまどろんでいる。日々心に溜まったゴミを捨てられる唯一の場所である自分の安全地帯で覚醒したら、もう焼け焦げたように荒れた狭く閉ざされた市街地をただあてもなく歩き回るような状態を過ごす僕とは決別する。自分を守るために固く閉めていた重い心のドアを無理矢理にでも押し開けて」

黒い翼で もっと気高く

まだ見ぬ海を 駆けてゆけ

「例え背徳だとされても「黒い翼」でもって、反逆の精神で、もっと気高い心で、空へ落ちてゆけ、海を駆けてゆけ。そこは無限に広く、まだ見知らぬ世界が広がっている」

いつもモザイクのきれはしだけ握らされ

笑い話のネタにもされてきたけれど

ほらもう二度と 負けたりしないから

そして、心に嵐が起こったり、ゴミが溜まったり、ドアを閉めて内側に籠っていた原因が次に記されます。

「いつもモザイク画像のように不明瞭なしかもその断片だけを握らされ納得させられて、時には笑い話のネタにされたりもする。そんな不名誉な扱いを受けても、甘んじて負けを取ってしまう。そうしているうちに心が荒み、ゴミが溜まり、それにじっと耐えていた。けれども、もう自分の弱さに負けて内にこもったりはせず、思い切って心のドアを開き、自分らしい心を取り戻すのだ」

黒い翼で もっと気高く

無限の空へ 落ちてゆけ

「もっと気高く、広い世界へ、例え落ちることになるとしても」

黒い翼で もっと気高く

無限の空へ 落ちてゆけ…

マサムネさんの中には何か具体的ないくつかの事例や経験があり、それに対する思いを歌詞にしたのでしょうか。

それは、多くの人が社会に合わせて生きている中で経験することがらかもしれません。

この歌詞に共感される方は、自分もそのように気高くあろうと勇気をもって感じられることかと思います。

閉塞感の中で心を荒めながら生きるよりも、例え常識外れや身勝手な行いだとされても自尊心を高く保ち広く自由な世界を生きるのだ。

それは現実にはとても難しいことかもしれませんが、この歌詞の「僕」の決意を聞くことで明日も生きる希望が湧いてくるような気がします。

黒い翼

黒い翼

  • provided courtesy of iTunes